Natrium's @lacoocan edition
不定期日記 2021前半(日記というのか、これは?)
2021.7.23
以降の日記を新サイトへ移行します。
2021.7.18
ほとんど丸一年放ったらかしだった新ドメインのサイト。トップページの暫定デザインが完成したので仮オープンとしてみた。レスポンシブ流デザインにいろいろ不備があるので改善はまだ必要なところ。
2021.7.16
モデルナワクチンの副反応だが、1週間ほどたってからいわゆるモデルナアーム(接種した腕の赤み)が出た。2日ほどで赤みは消えてしまったが、赤みが出ている間は痒みもあった。当方若年女性でないことは確かなのだが(苦笑)
2021.7.13
西武池袋線・石神井公園駅高架化工事を記録するのページでレイアウトにfloatを使っていたのをdisplay: flexに変更してみた。解像度の高いディスプレイで右側空いてしまう問題が解消したはず。もっとも、最近は1日の写真数が少ないのであまり効果が実感できなかったりするが。
2021.7.12
職域接種でモデルナのワクチンを打ったので、覚え書き。副反応はあって、当日から3日目までは注射した場所よりもやや下の二の腕に腫れ(赤みはなし)と痛み(当日は触らなくても痛みがある感じ、2日目からは触らなければ痛みを感じない程度)。腫れが完全に引く前から4日目まで腫れたあたりに痒みがあった。痛みはせいぜい筋肉痛程度の感じで、腕が上げられないということはなし。発熱はなく、体のだるさなども特になし。同じ職場では痛みがあるという人から、何も副反応がないという人まで結構さまざまだった。
2021.6.29
Windows 11の新しいプレビューではTPM 2.0が必須ではなくなったらしい。まあ、プレビューを試している時間はないのだが。Microsoftが互換性チェックアプリを一旦削除したそうで、インストール要件を緩和する方向で検討しているという。MR7400はちょうど当落線上のスペックなので無理やりWindows 11をインストールすることは出来るようになるかもしれない(快適に動作するかどうかはともかく)。
2021.6.27
10GBのネットワークを現時点ではRJ-45ベースで構築しているのだが、機器の発熱が高いとか不安定とか一般に言われる欠点を実感しているところなので、SFP+への移行を検討するか考えている。いずれにせよルータとNASはRJ-45なので、HUBとMac/PCの間をどうするかということになるが、MacやPCでThunderbolt3アダプタを使って光ファイバで接続するという方法がありうる。NASもSFP+付きのに買い換えるという手もあるが、とりあえず今年は優先順位としては低いかなと思うので、SFP+とRJ-45の両方が使えるHUBの選定が先ということになるか。
2021.6.26
Intel MacのBoot CampもTPM2.0に対応していないためWindows 11がインストール出来ないそうだ。ISOファイルを作ってなんとかしてしまっている人もいるようだが、正規手段でない方法でインストールするのもリスキーだなと。結局Ryzen 5800Uあたりが載ったベアボーンが市場に出てくるのを待ってみた方がいいかなという気もしている今日この頃。
ところで、6/26は1989年に東芝からDynaBook J-3100 SS001が発売された日だというので少し思い出話でも。発売当初には定価が高くて買えなかったSS001、その後1990年のある日、勤務先の近所にあったショップでたしか79,800円で売られていた新品を手に入れたのが最初だったと思う。アイオーデータ製4MB(!)のメモリカードもジャンク屋で見つけたものだったはず。内蔵バックアップバッテリーの寿命で動かなくなってしまい、鈴木亜久里の箱を捨ててしまったのは今となってはちょっと惜しいことをした。
Windows上でJ-3100やAXをエミュレートするソフトがあるそうなので、試してみるのも面白いかもしれない。
2021.6.25
Microsoft Windows 11が発表されたので、互換性チェックをしてみたところ5年前のPCではインストール出来ないと出た。まあ、実際にはほとんど6年前のPCなので仕方がないともいえるが、どこが要件にあわないのか。
Windows 11システム要件の判定(EPSON Endevor MR7400)
プロセッサ(1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサ) ✓4GHz、4コア、64bit
RAM(4GB) ✓16GB
ストレージ(64GB以上) ✓256GB(空き120GB)
ファームウエア(UEFI、セキュアブート対応TPM2.0) ✓UEFI
×TPM1.2
6/26追記:MR7400はTPM1.2対応だったので、どうやらWindows 11のインストールはできないようだ。ついにこのPCも引退する時が来たか…
2021.6.19
Windows 11が出るとか、M1XのMac miniが出るとかいろいろ噂の立つ今日この頃。Zen3 Ryzen搭載の小型PCもいくつか発表されてきているし、とりあえずはMicrosoftの発表が6/24に出そうなのでそれ待ちかな。
2021.6.8
みずほ銀行に続いて三菱UFJ銀行でもATM障害が発生したというニュースが出た一方、世界ではFastlyのCDN (Contents Delivery Network)の大規模障害が発生していたという話。AWS (Amazon Web Services)の障害と勘違いした人が多かったようだが、コンテンツ本体を乗っけているクラウドサーバの問題ではなく、サイトへのアクセススピードを上げる目的で使われる分散型キャッシュサーバの問題だった。もっとも、1時間ほどで障害を解消したということなのでFastlyの対応は早かったとは思うが、こういう障害が起こるとどこのサービスを使っているかがバレてしまうので、クライアントとしてはあまり楽しくない状況だろうなと推察する。
そういえば三菱UFJ銀行の障害は10分間、ATM200台強にとどまったようで、最終的には9時間後には利用できないATMもなくなったという。システムは二重化するとかリスクヘッジが可能なシーンも多いはずだが、キャッシュカードは一般的には1銀行で1枚しか持てないはずなので、ATMに収納されてしまう仕組みはなんとかならないかという気はする。
2021.6.6
1週間立つのでネタバレ注意と書き出しておいて、先週のインディ500。2年ぶりに制限つきながら観客を入れての開催となり、なんとスポット参戦のエリオ・カストロネベスが4度目の優勝というのは驚いた。モータースポーツの中では参戦ドライバーの年齢幅が大きい方なので参戦機会も多いが、過去105回の開催で4回優勝しているのは30年前までに3人いただけ、3回ですらエリオ以外はもう現役ドライバーはいないという話で、2回でも現役はモントーヤと佐藤琢磨だけ。次が出てくるかどうかすらわからない記録なのだ。
2021.5.31
MotoGPの下位カテゴリであるMoto3イタリアGPの予選(Qualify2)における事故でスイス人ライダーのジェイソン・デュパスキエ選手が5/30に亡くなったことに対して哀悼の意を捧げたい。2016年のルイス・サロム選手以来の死亡事故となってしまった。
2021.4.18
結構な雨だった昨日とは一転、いい天気だったので新しいレンズを試しに出かけてきたのだが、マウントアダプターFTZが不要になって取り回しが楽になったのはいいとして、広角側が16mmから24mmになったのは結構影響があった。だいたいこの辺りまでフレームに入るはずと考えてカメラを構えるのだが、数歩後ろに下がらないとイメージが合わない。まあ、慣れるしかない。沈胴式を本格的に使うのも初めてだが、最初に1アクション必要になるのはこれも慣れの問題でなんとかなるかなというところ。写りに関してはまったく問題なしだ。
2021.4.15
OpticFilm8100先日PlustekのフィルムスキャナOpticFilm 8100を購入した。フィルムカメラ時代に撮りためたネガが結構な量あってデジタル化しておきたいと思っていたのだが、7200dpiで価格も手頃だったので選択。スキャン時の設定はほぼ自動で問題なく、さすがに色味は紙焼きとまったく同じというわけにはいかないが十分満足できるレベルだと思う。ネガをセットするところはさすがに自動ではないので、24枚撮りを1本取り込むのに、画像を確認しながらだと1時間くらいはかかっている感じだが、懐かしい写真に見入っている時間も含まれているので実際にはもっと短い時間で済むのかもしれない。
それとは別に、Z50用の新しいレンズとしてNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sを購入。この写真はそのレンズで撮影したもので、前のレンズよりもかなり寄って撮れるのを実感した。カメラ本体より値段の高い24-70mm f/2.8 Sは論外として、価格がほぼ同じな24-200mm f/-6.3 VRとか、生産終了になったAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRとかも候補だったのだが、現状使っているマウントアダプターFTZのレンズ着脱がスムーズでないのもあって、FTZは望遠レンズに付けっぱなしで使うことしてみた。これまでも標準ズームで望遠側はあまり使っていないのと、この組み合わせでは手振れ補正がないのだが元から標準ズームでは使っていないので問題なしとした。DXなカメラにFXなレンズというのはスペックオーバーではあるが、どうもDXでいいレンジのレンズが出なさそうなのでまあ仕方なし。
2021.3.12
AQUOS zero5G basic DXに買い替えてまだ半年なのでアレだが、発表されたばかりのOppo Find X3はちょっと気になっている。顕微鏡モードという超接写マクロ昨日は使い道を考えるのが面白そうだし、10bitカラーディスプレイを活かして色覚タイプに合わせてプロファイルを変更できるというのも実際どういう具合になるのか確認してみたい。値段が高くなりそうな気もするがどうなるだろうか。
2021.3.11
東日本大震災から10年。今日はいろいろあってあまりに慌ただしかったのでゆっくり考えることができなかったのだが、本震発生時から翌週月曜日までの体験は意外なほどはっきり思い出すことができる。たまたまいつもはいない場所にいて地震に遭遇したのもあるし、その後の行動もいろいろイレギュラーなことがあったので記憶が鮮明なのだろう。
2021.3.4
17001F小竹向原駅で出会った東京メトロ17001F。将来これに乗って新横浜や海老名まで乗り換えなしで行けるようになるでしょうかね。
2021.2.28
みずほ銀行のATMで大規模な障害が発生しているようだ。オンラインや他社のATMを使って口座にアクセスすることはできるようだが、通帳やキャッシュカードが取り出せなくなってしまった人がいるという話で、そちらの方が大きな問題だろう。キャッシュレス自体とはいえ、預金は多少分散させておいたほうがいいのだろうね。
2021.2.11
Big Sur上で重たいと評判だったThunderbirdだが、ver 78.7.1までアップデートしたら何だか重たくなくなったような?
起動時のもっさり感がなくなったので、まあ良しとしよう。※実際には1/27リリースの78.0で解消していたらしい。
2021.2.3
2015年にデスクトップPCを購入して依頼使い続けていたキーボードがいよいよへたってきた感じがあるので、東プレのR2-JPV-IVを買ってきた。EPSON DIRECT純正キーボードよりも奥行き方向が小ぶりな感じがあるが、キーの打ち心地は一番安いモデルとは言えさすが東プレ。フカフカという感じで表現したくなるキータッチだ。
ところで、最近話題のAMD CPU、Ryzen 5000シリーズが気になってはいるのだが、そもそもWindows PCを使うシーンがないという事実が(苦笑)
Windows PCを使う頻度が減ってしまったので、図体がそれなりに大きいデスクトップPCが無駄にスペースを占有しているのもなんとかしたい。とはいえ、コンパクトタイプはまだRyzen 3000シリーズが主流だし、5000シリーズのモバイル向けが供給され始めるまでは待ちかなと。
2021.1.31
スーパー耐久は結局最終戦を中止とし、開催できた5戦の順位で確定となった。その一方アメリカではIMSAのデイトナ24時間耐久レースが始まった。すでに渡米していた小林可夢偉もスポット参戦しており、渡航制限がなければWECやスーパーフォーミュラと合わせて継続的に参戦という話もあるようだが、やはり大陸を跨いで複数のシリーズに参戦するのは今年は難しいのではないだろうか。
2021.1.23
昨日書いたばかりだったがインディーカーの開幕が4/18に延期されるというニュースが出た。WECも開幕戦アメリカ・セブリングは中止としてポルトガル・ポルディマオでの代替開催になるという。やはり欧米間の移動が難しいということなのだろう。インディーカーに参戦する佐藤琢磨や、今年からF1に参戦する角田裕毅はすでに現地にいるので、レースが始まれば参戦そのものは問題ないらしい。国内のスーパー耐久シリーズは1/23開催予定の鈴鹿での最終戦が開催見送りとなってしまって、シーズン順位が確定しないままになっている。
2021.1.22
収束しないCOVID-19は今年のモータースポーツにも再び影響を与えつつある。現時点でFormula Eは2/26〜27の第二戦サウジアラビア・ディルイーヤePrixを予定通り開催するとしているが、F1は開幕戦となるはずだったオーストラリアGPが11月に延期となり、第三戦の中国GPも開催は難しいようだ。MotoGPは3/28と4/4にカタールで2連戦スタートになるという。現時点では大陸を跨いだ移動が難しい状態であることを考えても、前半戦はアジアやアメリカでの開催は厳しいということになるだろう。一方アメリカでもインディーカーも開幕を4/11に繰り延べるそうだ。
2021.1.1
さて2021年。できないことが多い年かもしれないが、やれることはやってみようということで進めていこう。

by Natrium