Natrium.jp
上石神井1号~8号踏切
昭和38年
ねりまっぷで昭和38年の空中写真を見る。
小さくてわかりづらいが、中央の広い空間の左側に廃止された上石神井5号踏切がある。
昭和33年
昭和33年(1958年)地理調査所発行1:10000「吉祥寺」。
中央に流れる水路はすでに地図でも現地でも確認できなくなっているが、5号踏切の跡は現存しているようだ。
石1
雨の上石神井駅前、上石神井1号踏切。
ここからの写真は2011/8/19撮影。
石2
こちらも現役の上石神井2号踏切。
石3
上石神井3号踏切は南側から若干下り坂になっている。
石4
上石神井4号踏切は車両通行止め。
降りしきる雨の中、ここまでは順調だったが…
道?
上の写真左にあるマンション前の道はこんなだった。
これが上石神井5号踏切へのアプローチとは。
通り抜けた
通り抜ける途中は写真を撮る余裕がなかったので、通り抜けてから上石神井4号踏切方向を見る。
ぬかるんだ道の向こうは、踏み跡も定かでない薮だった。
石5
たどり着いてみれば、そこには普通の道が行き止まりになっている場所だった。
写真左の標識の向こうが泥道。
南側
ぐるっと回って南側へ。
住宅街の中にある不自然な行き止まりが踏切跡と思われる。
石6
上石神井6号踏切も車両通行止め。
石7
上石神井7号踏切。ようやく2車線の道路が現れた。
石8
武蔵関駅東側の上石神井8号踏切。
手前の道路には、駅へ向かうバスが進入してくる。
石9?
探索はこれで終わりのはずだったが、ねりまっぷで昭和22年の武蔵関駅を見ると、もう一つ踏切らしきものがあるではないか!
これは、もう一度行かねばなるまい。。
廃踏切
2011/9/3に再訪。武蔵関駅北口の少し西側、銭湯のある路地がどうやら上の写真の場所らしい。
昭和38年にはすでにホーム延長に伴って廃止されているので、上石神井9号踏切ではないが、廃踏切ではある。
南口
南口側は、北上してくる道がホームに突き当たる場所。なぜか駐車禁止標識の墓場のようになっていた。
by Natrium