Natrium's @lacoocan edition
前谷津川周辺の谷戸と水路敷(石川町公園〜赤塚新町)その2
←前のページ
地図
板橋区図で新大宮バイパスの西側に広がる前谷津川上流部分を見る。赤塚中央通りと松月院通りの間に谷を穿っている様子がわかる。
擁壁
左側の擁壁が切り替わったあたり、植え込みに気が立っているが、その右側には脇道がある。
脇道
北側に並走する道路から1ブロックだけだが、水路敷らしき脇道が合流していた。
軒先
西側には、住宅の軒で阻まれているがもうひとつ水路敷らしき細道があった。
赤塚中央通り
前谷津川緑道は、赤塚中央通りに向かってかさ上げされている。
バス停
緑道と通りが交差する場所にはバス停と銅像があった。バス停の名称は赤塚庁舎入口だが、赤塚庁舎こと板橋区赤塚支所に行くには西に向かって緑道を抜けていくのが近道になっている。
くねくね
西側の緑道はクネクネと進んでいく。
階段
北側に再び脇道が現れるが、高さが合っていないのため階段で合流していた。
ツツジ
緑道の中央には大きな木と高く育ったツツジが見える。
脇道
北側に見える細道も水路敷だろうか。
泉福寺
北側の道路には真言宗智山派の泉福寺がある。鎌倉時代に創建されたとされる寺で、明治初期には小学校もここを間借りして設置されていたそうだ。
路肩
泉福寺前の道路を西向きに見たところ。水路敷らしい細道の入り口から西へ路肩が広くなっている部分がある。ここもかつては側溝だったのかもしれない。
平行
緑道に戻って西へ進んだところで、緑道の北側に並走する細い道を見つけた。これも水路敷らしいのだが、旧流路なのか、支流なのかはよくわからない。
北向き
並走する細道の方を西へ進んでいくと、途中で北に向かう道があった。
赤塚支所
向かった先には板橋区赤塚支所(赤塚庁舎)があった。
蓋暗渠
並走する道の方はやや広くなっているが、さきほどの道から西へ二つ目の路地は蓋暗渠になっていた。
段差
段差のところで蓋暗渠は終わっているが、その先も側溝付きの水路敷が北へ続いている。

by Natrium