Natrium's @lacoocan edition
前谷津川周辺の谷戸と水路敷(石川町公園〜赤塚新町)その4
←前のページ
くねくね
くねくねとした水路敷の道路を進んでいくと、正面に突き当たりが見えてくる。
合流点
突き当たりの車止めのところで、南北から来る水路敷が合流していた。南側は空き地になっているが立ち入ることはできない。
ここからの写真は2019/6/20撮影。
空き地
南側の空き地は板橋区立下赤塚小学校に向かって伸びているように見える。水路は小学校の敷地を抜けていたようなので、とりあえず南側まで回っていってみよう。
篠塚稲荷神社
下赤塚小学校東側に隣接している篠塚稲荷神社。かつてここには塚があり、古墳ではなかったかとも言われているそうだ。篠崎氏が塚に建てた神社なので篠塚稲荷神社という名前になったのだいう。
ここからの写真は2019/5/4撮影。
水路敷
下赤塚小学校の南側に細い水路敷を見つけた。
ジグザグ
住宅の裏をジグザグに進んでいく水路敷。
丁字路
右側の道路は水路敷ではないようだが、この場所、地図で見ると左側に谷筋が分岐しているのだ。
東側から
東側の道路から水路敷方向を見たところ。水路敷に向かって道路が下っていっているが、合流する前に民家の所有地に阻まれている。
庚申塔
東側の道路には、文化3年(1806年)造立の青面金剛庚申塔が置かれていた。
微谷
庚申塔から下赤塚交番に向かって道路が上っていくが、谷筋は道路より西側にあったようだ。写真の奥にある駐車場の手前が微妙な谷間になっている。
突き当たり
写真では分かりにくいが、寿司店の右側が谷間になっているが、あたりを歩いてみるとわかる。
谷頭
谷筋に道路や水路敷はないが、最終的に下赤塚駅北側の道路あたりが谷頭のようであった。
車止め
一方、水路敷に戻って進んでいくと、道路に突き当たったところで水路敷が道路向こうで右側に続いている様子が見て取れる。
道路を渡る
かつてはここに橋が架けられていたのかもしれない。
カーブ
水路敷は微妙なカーブで道路と別れていく。
細道
しばらくはいかにも水路敷らしい細道を進んでいく。

by Natrium