Natrium's @lacoocan edition
桃園川の水路敷群(高円寺橋〜阿佐ヶ谷駅)その2
←前のページ
水路敷
桃園川緑道南側の道路からさらに南へ向かって、水路敷と思われる道がある。
行き止まり
1ブロック南側で行き止まり。このさき左(東側)は坂の上になっているが、右(西側)には谷筋があり、古地図には水路があったとされているが痕跡は見当たらない。
八反目橋
桃園川緑道へ戻って、次の八反目橋。やはりこの辺りの字名に由来するという。
カッパ
緑道を頬杖をついて眺めているカッパの後ろ姿。車止めのある場所は緑道を横断できる道になっているが、橋の跡ではないらしい。
八反目上橋
八反目上橋。
水路跡?
橋の南側にある道路のあたりは古地図では水路であったという記述があるが、必ずしも道筋と水路跡が一致しているわけでもないようだ。
謎
八反目上橋西側で緑道を見つめる動物の親子…、なのだが、これは犬?熊?鼠?モルモットか?。
北へ
八反目上橋西側には、北から合流してくる支流がある。少しこちらへ寄り道してみよう。
行き止まり
北側のエトアール通りから先は行き止まりになっていて通れない。
藪
さらに北側の道路に回ってみる。車止めがなければただの藪だが、どうやら通れそうだ。
突き当たり
藪をかき分けて進んでいくと、再び突き当たりとなり通り抜けることができなくなる。
蓋暗渠
中央線ガード下まで行くと、そこから北へ向かって蓋暗渠が伸びていた。
間
家と家の間を蓋暗渠が抜けていく。
舗装
途中から舗装された水路敷となる。
袋小路
高円寺駅北口から北西に伸びるセントラルロードまで来たところで、水路敷は袋小路になってしまい先へ進めなくなる。
排水口
そこから少し北側の路地に水路の痕跡と思われる排水口が残されていた。

by Natrium