Natrium's @lacoocan edition
善福寺川周辺の水路敷群(堀ノ内の支流)その2
←前のページ
洗い越し
道路右側の排水口は道路に直接水を落としていて、道路左のグレーチングに向かってあたかも洗い越しのように水の流れができている。もともとは、道路右側に側溝があったのかもしれない。
排水
そこかしこに同じような配管が出ている。
交差点
南北に走る道路を渡ったところで、水路跡は大きく北(左)へカーブしていく。
カーブ
どんどん曲がっていく。
商店街
妙法寺商店街と交差して、水路跡はさらに北へ向かうが。
妙法寺
ここで商店街を東へ進んで妙法寺に寄ってみる。妙法寺は日蓮宗の寺院としてそこそこ見られる名前だが、堀之内妙法寺は厄除け祖師(おそっさま)として知られている。
水路敷
水路の方は商店街の北側で道路と別れ水路敷になっている。
草むら
途中、東側の道路との間に草むらになっている怪しい空間をみつけた。果たして水路敷なのかどうかはわからない。
さらにカーブ
その先で水路敷はさらに左に曲がっていき、北西へ向かう。
駐車場
対角線上に駐車場のある交差点の先から、車止めの仕様が変わる。
土砂降り
雨足が強くなってきた中、車止めだらけの交差点を通り抜ける。左の住宅は水路敷を跨がないと道路にアクセスできない位置に建てられている。
道路がない
なぜか道路がないところに車止めだけ置かれている。
くねくね
しばらく真っ直ぐ進んだあとで、緩やかにくねりながらさらに進む。
看板
人通りの少ない水路敷には不法投棄もあるのだろう。
狭
偏って設置されている車止めの向こうは、いきなり水路敷の幅が狭くなっている。
劇狭
水路敷に家が張り出してきてさらに狭くなった。
蓋暗渠
そこを抜けて最上流部には蓋暗渠が出現。車止めでないこの構造物は似たようなものを杉並区内で他でも見かけたが、水門かなにかがあったのだろうか。
道路を渡る
蓋暗渠は道路をそのまま跨いで民家の敷地へ消えていく。
上流端
民家の反対側に回り込んで上流端から下流方向を見たところ。ここまで蓋は続いていなかった。

by Natrium