Natrium's @lacoocan edition
前谷津川周辺の谷戸と水路敷(不動通りの谷)その1
地図
OpenStreetMapで不動通りを中心に前谷津川の支谷群を見る。
東武練馬駅は北から登ってくる不動通りの谷頭に覆いかぶさるように作られており、上りホームの下が崖になっている。今回はこの谷とそこから別れる支谷を見ていこう。
合流点
スタートは前谷津川との合流点から。ここから東武練馬駅に向かって南を目指す。
ここからの写真は2019/1/1撮影。
交差点
西徳通りと不動通りの交差点。このあたりはまだ見た目平地で谷らしさはないように見える。
崖
しかし、少し南へ進むと東側に大きな崖が現れる。
ここからの写真は2019/1/4撮影。
中尾不動尊
西側も不動通りから少し離れた位置で崖になっているが、手前の小高い場所には中尾不動尊がある。中尾はこのあたりにあった徳丸村の字名だが、「なかお」ではなく「なこう」と呼んでいたらしい。
支谷
中尾不動尊の先、今度は東側に少し食い込んだ支谷がある。
緑地
支谷の谷頭は徳丸一丁目公園になっているが、この急峻っぷり。かつては結構な湧き水が出ていたのだろう。
階段
支谷の北側もこんな階段のある崖地。
谷頭
徳丸一丁目公園の東側に向かって崖が続いており、東端の崖上は徳丸一丁目緑地として整備されている。
西側
不動通りに戻って西側の崖を見る。通りから少し離れた位置で一気に崖が立ち上がっているのがわかる。
坂
ところが、その一本南側の道は不動通りからすぐに西に向かって坂道になっている。ここも西に向かった支谷ということになる。
谷
坂道は途中で3本に分かれているが、中央の道が最も低い位置にあるので、これが谷の続きと思われる。
歩道
坂を上ったところで道路と離れ、歩道が続いている。
上流端
歩道はイオン板橋ショッピングセンターの北側駐車場脇で道路に突き当たって終わる。支谷はここが上流端ということになるだろう。
谷間
西側の崖上から不動通りの谷を見たところ。とにかく不動通りの谷は深い。
東側
今度は東側の支谷を見てみよう。大きく削られた谷に向かって、多くの支谷が流れ込んでいるのも不動通りの特徴と言える。
上る
道路は徐々に緩やかな坂を上っていく。

by Natrium