Natrium's @lacoocan edition
桃園川の水路敷群(日大二高の支流)その1
すぎナビ
すぎナビで中央線の北側、日大二高から流れる桃園川の支流を見る。
水色で描いた本流の北側に沿うように流れているのがわかる。日大二高の北側を走る二高通りの向こうは妙正寺川水系の支流があり、分水嶺の南側に湧き水があったであろうことが推測される。
エトアール通り
桃園川緑道北側を並走するエトワール通りへ、北から合流してくる水路敷が日大二高からの支流。これを遡っていく。
ここからの写真は2020/8/15撮影。
細道
すぐに水路敷は西向きに転進。
車止め
細い路地として水路敷は西へ続いている。道路と交差するところに置かれた車止めはあまり意味がなさそうにも思えるのだが。
道路
しばらく進んだところで細道は終わり、道路に合流。
中央線
道路は中央線ガードにぶつかって西へ折れているが、支流は真っ直ぐ北から伸びてきていたはず。ガードしたの痕跡は失われている。
くねくね
中央線の北側。川筋らしいクネクネとした道が伸びている。
車止め
突き当たりを右に曲がったところで、西へ向かう水路敷の車止めを見つけた。
水路敷
そこそこ幅のある水路敷が西へ向かっている。
生活道路
普通に生活道路として使われているように見える水路敷。
クランク
途中にクランク。
バラエティ
いろんな車止めが並んでいるが、交差する道路の向こうをよく見てみると…
蓋暗渠
蓋暗渠が現れた。
狭
水路敷の幅が狭くなっていき、蓋暗渠は1ブロックで終了。
再びクランク
狭いまま再びクランクを曲がっていく。
再び道路
細い水路敷はいきなり道路に出るが、その先ではまた細い水路敷に戻るようだ。
銭湯
銭湯の裏を抜けて五叉路の南側に出る。

by Natrium