Natrium's @lacoocan edition
妙正寺川・井草川の水路敷群(野方二丁目中央の水路敷)
地図
なかの便利地図で地図を見る。
環状七号線西側の啓明小学校あたりから、三谷橋に向かう流れをたどってみよう。
三谷橋
新橋よりもひとつ上流側にある三谷(さんや)橋。ここから下流方向は平成17年(2005年)7月の集中豪雨で浸水被害が発生し、川底を掘り下げる工事が行われたという。
このページの写真は2019/10/20撮影。
導流帯
右岸の上流側、部分的に道路が広がってゼブラゾーンになっているところは、流路改修前の河川敷だったところだろう。その先の住宅あたりに今回たどる水路が合流していたはずだが痕跡はない。
行き止まり
裏側は行き止まりの道になっている。とりあえずここが水路の下流端ということになるだろうか。
上流側
振り返って上流側を見る。微妙なカーブを描いて
路地
路地の出口から西側を見る。下流部分の流路はよくわからなくなっている。
北向地蔵
少し東側に寄り道してみよう。三谷橋から南へまっすぐ進んだところにその名の通り北を向いて安置されている北向地蔵がある。
地蔵尊の向きを北に向けるのは特別な意味があるという説もあるのだが、ここはどのような揺らいで北を向いているのだろうか。
水路敷
2ブロックほど行ったところにあった細い水路敷が続きとなっているようだ。この道の下流側は行き止まりになっており、そこから先はたどることができない。
たんぽぽ公園
突き当たったところを右、すぐに左と進むとたんぽぽ公園にたどり着く。
脇道
公園西側の未舗装路が水路敷であるようだ。
住宅地
公園の脇を抜けて住宅地の路地へ。
未舗装
突き当たって右、環七の手前で左に向かう未舗装路へ。
環七
八幡前バス停横のラーメン店の脇で、環七を西へ渡る。
隙間
環七の西側、歩道脇に水路敷らしき隙間が残っている。
啓明小
最後は啓明小学校に突き当たる路地で終わりとなる。
北側
北側には同じような路地があった。どちらが最上流部なのかはよくわからない。

by Natrium