Natrium's @lacoocan edition
前谷津川周辺の谷戸と水路敷(出井川)その1
地図
OpenStreetMapで出井川下流部を中心とした地図を見る。出井川は首都高速5号線の下を泉町付近から降ってくる上流部分と、都営三田線の志村三丁目駅を通って新河岸川へ向かう下流部分に分かれているが、下流部分は人工的に作られた流路で、古い地図ではもう少しまっすぐ流れていたようだ。
水門
新河岸川に架かる新河岸橋から南側を見たところ。蓮根川の水門と対になるように出井川の水門が見える。
ここからの写真は2020/1/5撮影。
合流口
水門と防潮堤の間にある歩道から出井川を見たところ。フェンスで仕切られていて防潮堤側から出井川の方向には行けない構造になっている。
下流端
ちょっとした運動場になっている出井川の下流端。左に見える道路を含め、突き当たりになって終わっている。
上流方向
上流方向へ進む。川跡は遊歩道になっている。キューブ状の石の車止めはこの緑道に特徴的なものだ。
中山道
旧中山道を渡り、さらに進んでいくと中山道(国道17号線)に行き当たる。
新小袋橋
出井川を中山道が渡る部分には、新小袋橋の欄干が残されていた。小袋というのはこのあたりの地名らしい。古い空中写真を見る限りでは、昭和22年時点ですでにこの場所には橋がかかっていたようだ。中山道の拡幅工事に合わせて作られたので「新」なのだろうか。旧中山道には「旧」小袋橋らしき跡は残っていなかったが。
西側
中山道西側の欄干。手前の柱についていたはずの銘板は外れてしまっている。
遊歩道
さらに西に向かって遊歩道が伸びていく。
カーブ
一つ先の道路を渡ったところで、遊歩道は南へカーブしていく。
またカーブ
すぐに遊歩道は西に向かってカーブしていく。
アーチ
アーチを潜り抜けて西へ進む。
志村公園
左側に志村公園を見ながら、遊歩道は南へカーブしていく。
合流
カーブの途中で西側から別の水路敷が合流してくる。
ここからの写真は2020/1/11撮影。
水路敷
西に向かう道路の脇に水路敷が残されている。先にこちらを進んでみよう。
細道
すぐに道路と別れ、水路敷だけがまっすぐ西へ伸びていく。
志村車庫
水路敷は国際興業バス志村営業所の北側を通過していく。

by Natrium