Natrium's @lacoocan edition
前谷津川周辺の谷戸と水路敷(北野神社の谷)
地図
OpenStreetMapで今回の水路を見る。前谷津川緑道から西に向かって伸びるわずかな谷が今回のルートだ。
水路敷
前谷津川緑道から西を向いて水路敷を見る。不動通りまでの短い区間は、インターロッキング舗装された水路敷が住宅の前を通っていく。
このページの写真は2020/1/19撮影。
裏道
しまむらの裏手を水路敷が抜けていく。
不動通り
不動通りの西側は、普通の道路になっているが、両脇と比べ微妙に谷間になっている。
微谷
坂道を上っていく。交差点の左右は微妙に上り坂になっていて、この道路が谷間なのがわかる。
路傍
さらに上っていくと、道路の脇に石像があるのを見つけた。
青面金剛
そこにあったのは、露天にしては比較的保存状態の良い青面金剛庚申塔だった。横には宝暦二壬申(みずのえさる、1752年)年の年号があり、徳川家重の時代のものだ。写真左側の石碑には、区画整理で昭和50年(1975年)に当地へ移されたとある。
谷
坂道を上っていると谷だということはよくわからないが、北側から交差点を見ると明らかに谷間であることがわかる。
北野神社下
徳丸槙の道との交差点まで来た。左側には廃バス停を探しに来た時に通った北野神社がある。谷筋としては写真奥あたりまで続いているが、水路の上流端がどこにあったのかはよくわからない。

by Natrium