Natrium's @lacoocan edition
桃園川の水路敷群(日大二高の支流)その2
←前のページ
蓋暗渠
銭湯の向かい側にあるコンビニエンスストアの裏手には、蓋暗渠が残されていた。このあたりから水路敷は南北に流れている。
遊歩道
コンビニの西側から先は遊歩道として整備されているようだ。
車止め
微妙に中途半端な車止めの配置。
校庭
こちらはきちんと車止めが整備されている。
阿佐谷中央公園
阿佐谷中央公園を眺めながら北へ進む。
終わりと続き
遊歩道として整備されているのは公園の北側まで。そこから先は再び細い水路敷となる。
またもや蓋暗渠
水路敷が西向きになったところで、またもや蓋暗渠を発見。
ワニ
蓋の上にワニの絵が直接描かれていた。
道路脇
道路脇に出ているところは舗装されてしまっている。
さらに蓋暗渠
ここでも西に向かって蓋暗渠が現れる。
直角カーブ
南に直角に曲がる蓋暗渠。
道路
曲がった先では、一本南側を東西に通る道路の一部として使われている。写真奥にも蓋暗渠が見える。
金太郎
蓋暗渠には金太郎の車止めが残っているのだが、残念ながら落書きされてしまっている。
中杉通り
蓋暗渠は阿佐谷一丁目バス停付近で中杉通りに出る。中杉通りの西側は普通の道路として使われているようだ。
八幡煎餅
中杉通りの西側を並走する松山通りの煎餅店脇からふたたび水路敷となる。
ふたたび金太郎
このあたりには集中して金太郎の車止めが残っている。
表側
通り過ぎてから振り返って金太郎を見てみる。痛みはあるが金太郎の絵が綺麗に残っていた。

by Natrium