Natrium's @lacoocan edition
桃園川の水路敷群(阿佐ヶ谷駅〜上流端)その1
すぎナビその1
すぎナビで中央線の北側、阿佐ヶ谷駅東側から日大二高南側までを見る。
水色で描いた日大二高支流の南側に沿うように桃園川が流れている。
遊歩道
中央線の北側、現在工事中の阿佐谷けやき公園の先に遊歩道がある。どうやらこれが桃園川の上流部分と思われるが、下流側と違って看板のようなものはない。
ここからの写真は2020/8/15撮影。
道路
遊歩道は1ブロックだけで、その先は川跡らしいくねりが残っているものの普通の道路になっている。
ジグザグ
その先もジグザグと道路が進んでいく。
三叉
しばらく進んだところで、右側と奥に車止めを見つけた。桃園川本流の流路は奥の車止めのところで左から流れてきており、車止めのある場所は合流してくる支流ということになる。とりあえず、手前川から順番に支流を見ていこう。
支流
手前側の支流はごみ収集所の先で北向きに曲がっている。
アスファルト
住宅の裏をアスファルト舗装で抜けていく。
阿佐谷中央公園
阿佐谷中央公園に出たところで、蓋暗渠が残っているのを発見。
蓋暗渠
公園の西側をまっすぐ蓋暗渠が進む。公園の東側には日大二高の支流があり、公園は水路に挟まれた形になっている。
蓋と舗装
途中で公園と別れた蓋暗渠はアスファルト舗装を伴いながらさらに北へ。
突き当たり
道路に突き当たった。正面の道路は突き当たりの左側で道幅が広くなっており、ここから西の方に上流端があるようだ。
上流端
道路を西向きに見たところ。上流端がどのあたりなのかはよくわからなくなってしまっている。
ここも蓋
つづいて左折せず直進していく支流を見ていこう。ここは車止めの先ですぐに蓋暗渠が現れる。
アーチ
植木でできたアーチをくぐって進んでいく。
橋
透析センターの裏を抜けたところで、欄干が残る橋の跡に出会う。
ブロック
次の交差点はコンクリートブロックが車止めになっていた。
車止め
赤く塗装された車止めのある交差点を越える。

by Natrium