Natrium's @lacoocan edition
田柄川(下流域)その1
地図
板橋区図で田柄川が石神井川に合流していく近辺を見る。
現在、田柄川緑道は板橋区内では桜川緑道と名前を変え、地図左端の桜橋で石神井川に注いでいるが、古地図を見ると地図中央の東山町で合流していたり、もしくはさらに下流の中板橋付近まで流路が描かれているものもある。
中板橋から先は石神井川の分水である根付用水(稲付川)の領域になるので、今回は中板橋近辺の向屋敷橋から石神井川左岸を桜川緑道まで遡って行こう。
向屋敷橋
中板橋駅から石神井川に向かい、向屋敷橋から上流方向を見る。写真ではよくわからないが、右手前の住宅の奥に水路敷の出口がある。
ここからの写真は2019/9/14撮影。
出口
民家の間にひょっこりと姿を現す水路敷の出口。ここからいったん環七通りへ向かっていく。
車止め
環七へ向かう水路敷は車止めが設置されていた。
環七
環七通りに突き当たった。通りよりも若干水路敷の方が低くなっているのが階段でわかる。
くねくね
環七の北側に渡ると、北側の水路敷は道路になっていた。くねくねと進んでいるところが水路っぽさを感じる。
再び環七へ
すぐに水路跡は西に方向転換し、緩やかにうねりながら再び環七を目指す。
アンダーパス
北側から環七へ合流。もともとの水路は東武東上線を潜るアンダーバスのあたりを流れていたようだが、環七工事で埋められてしまい痕跡は残っていない。この先しばらくは環七と水路が並走しているため、痕跡を辿ることはできない。
支流
田柄川下流端での石神井川への合流ポイントは、実は向屋敷橋よりも上流に3カ所ある。駐車場の脇から一気に環七へ向かう細い路地がその一つ。
細道
もう一つは注意していないと見逃しそうな細い道。
じめじめ
ここが一番水路敷らしいジメジメした感じがある。
三角コーナー
途中、水路敷が北に方向を変えるところでなぞの三角コーナーが。
側道
環七側道から水路敷への分岐を見たところ(写真右が水路敷)。
工事中
3つめは工事中だったので通れなかったが、住宅の間にあり、反対側はさきほどの三角コーナーの手前につながっている。
中板橋
西へ進んで中板橋から北へ環七方向を見たところ。橋の名前が駅名の由来ということではなさそうだ。
ここからの写真は2020/6/6撮影。
水神宮
さらに西。東武東上線橋梁の近くに水神宮が祀られていた。かつてこの辺りでは石神井川が大きく蛇行しており、対岸には昭和2年(1927年)に板橋遊泉園というプールが作られ、そこに客を運ぶために作られた臨時駅が現在の中板橋駅だという。
遊泉園跡
水神宮の前から石神井川を下流方向に見る。対岸の住宅地になっているあたりに遊泉園があったらしいが、川跡も含め痕跡は残っていない。

by Natrium